明日は大将です!

2019.02.18 Monday 12:55
0


    指揮者の村中大祐さんの記事にとても共感したので、一部シェアさせて頂きます。

    以下、村中さんの記事の中から。



    私、強い音キライ。

    アレね。
    弱さや劣等感の裏返し。

    強い音出す人、気をつけて。
    あなた、弱いの。
    私、全部わかるから。
    気をつけて。

    指揮者もさ。
    指揮者らしくしてる人って苦手。

    私、日本人が好きそうな
    指揮者像、大嫌い。

    だからずっと違和感感じてる。

    もっと自由なの。

    あなたはあなたでいい。

    アーティストには
    責任があるの。

    それはね。

    あなただけのIdeaイデアを
    現実化すること。

    それこそ「自由と豊かさ」。

    あなたは自由なの。

    音楽はね。

    この2つの価値の本質を
    これまで他のどんな手段よりも
    的確に表現してきた。

    音楽の本質は変わらない
    いつもこれ。






    私は発声を学ぶために、声楽を五年ほど前から習っているのですが、後にクラシックがとても大好きになり、今も人前では披露することはなくとも、毎日練習しています。


    この記事に出会って、私が目指していることは、間違いじゃないのかなぁ、と勇気を頂けました。


    私も大きいだけの音がとても嫌いです。

    よくボーカリストじゃない演奏者からのアドバイスで、「もっと声を張って」などというのを自他共に聞きますが、もしそれを全て受け止めるとすれば、とても無責任なアドバイスのように感じます。


    そして、それらのアドバイスを受け止めたり、自分の声帯の性質を無視して無理な発声をしているボーカリストが声を潰しているのもよく聞きます。


    そこまでしても、大きな音にこだわることが大切なのでしょうか。

    もちろんダイナミクスは大事です。


    初めてオペラを聴きに行った時、人の声はどの楽器よりも上に乗って前に進んでくるということにとっても感動しました。


    道のりは長いですが、私ももっともっと遠くまで行きたいな^ ^


    大好きな画家で大切な友人でもある、ナカガワ暢さんの言葉が久しぶりによぎりました。

    「長距離走は休み休み行きましょう〜」


    ほんとその通りです。


    アレルギーの季節ですが、戦いながらの練習です。

    でも今日は少しマシなのでホッとしています。



    昨日は三宮のカフェプレジドンで演奏でした。




    楽しかったなぁ〜。

    久しぶりに会えたお客様も。

    ほんとにありがとうございました(^^)



    終わってからも、私がジャズ駆け出しの頃からずっと応援してくれているお客様とまったり話してました。

    Pさん、いつもありがとうございます^ ^


    プレジドン、素敵なお店。

    日曜日の昼下がり。とても大好きな時間です。


    さて、6/9(日)の19:00〜こちらプレジドンで、同じメンバーで、レコーディングライブが決定しました。


    お客様の自然な感じも一緒に録音させて頂きます。

    初めてなので、楽しみです。

    是非ご予定下さいね!



    そしてそして明日は!

    寝屋川の離島、萱島にて大好きなギタリスト、箕作さんとのデュオです!


    投げ銭!居酒屋で演奏です!

    すんばらしく暖かいお店なんで是非!!

    category:- | by:noncomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM