母の行方

2018.08.13 Monday 00:00
0



    小さい頃、エレクトーンとピアノをやっていたことを想い出しました。


    3歳から4年ぐらい。

    でも鍵盤嫌いで練習をした記憶がないので弾けないです。


    ただ、なぜか嫌な事は覚えていて。笑

    私の母はずっとピアノをやっていたので、当時3歳の長女だった私はほんと、大っ嫌いになるまで母のピアノの音を聴くという練習をさせられていました。


    母が弾く和音が○長調なのか、

    ○短調なのか、というのをひたすらでした。

    これ、ほんとにできなくて、、

    ピアノ部屋が寒くて怖くて嫌でした。


    しかもめっちゃ厳しかったんですよー。

    泣いてもずっとわかるまでやらされました。


    時計を見ると、幼いながらに覚えてます。

    夜の11時でした。


    あれはなんやったんや?

    とたまに思い返すことがあるんですが、

    和音の聴音やったんですね。


    絶対音感とやらを私に身につけて欲しかったのでしょう。


    思い返しても難しい練習だなと。



    絶対音感があるのかないのか、気にした事もこだわった事もないのですが、


    ライブ中でも何もない空間から最初の自分の歌う音がわかる時があります。

    そんな時は迷わず歌い出します。

    そしたらだいたい合ってます。

    いつもじゃないし、全部ではないですが。


    唯一母が教えてくれた事は、そんな事でした。


    今はどこで何をしているやら行方がわからないのですが、

    あのピアノ部屋の日々は今、時々生かされている気がします。

    ステージに立つ上で、自分の音に迷いをなくすという事は一番大切な事だと実感しています。

    迷ったらどんなに素敵なフレーズも台無しです。

    まだまだ全然迷いまくってますが。笑


    ピアノ部屋の件に関しては母にはとても感謝をしています。


    ただ、ピアノを好きでいさせて欲しかった。。笑

    そしたらずっと続けてこれたのに。


    こんな考えはめっちゃ甘えた考えなんでしょうが。笑




    でも、今の私には歌があります。


    そして弾けないですが、曲作りにはいつも助けてくれるピアノが今は大好きです。


    category:- | by:noncomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM